« 2010年2月 | トップページ | 2011年7月 »

2010年8月

2010年8月27日 (金)

011:らーめん専門店小川渋谷店@渋谷 小川らーめん

※簡易更新中

Ren_r_20100129 訪問日:2010/01/29(金)
店名:らーめん専門店小川渋谷店
最寄駅:渋谷
メニュー:小川らーめん650円

++++++

渋谷109の真裏あたりに位置する路地裏のこのお店。あぶらぶらぎったんぎったんぶたぶたぶー、化調も塩気もどんとこいのヘビーな豚骨ラーメン。こってりとんこつ食べたい!!!いいから持ってこいやー!と衝動的に豚骨欲に駆られたときは駆け込んでおっけーかなーと思ったりする。

相模原の方とかに姉妹店があるらしいけど機会があれば行ってみたいもんですな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

010:麺創房 玄@新宿 玄麺

※簡易更新中

Ren_r_20100128 訪問日:2010/01/28(木)
店名:麺創房 玄
最寄駅:新宿・新宿三丁目
メニュー:玄麺+無料トッピングもやし880円

++++++

アキバでめんめんを営業、玄と改名、無添加自然食材ラーメンを作りつづけてお店を広げて、小切手詐欺等々色々あってプロデュース業を続けたり新店を転々としながらも職人を続けてきた田中玄さんの、玄の名を冠したお店。
ら・めん風@両国とか旬麺しろ八@新宿御苑とか、玄さんのお店出身のお弟子さんのお店は好きなの多いんですよね。

高田馬場に続いてオープンした、その玄さんのラーメン作りの姿勢を受け継いだお店。
食う立場としては口上がどうあれうまけりゃ正義なわけですが、よくまあ無添加でこう旨味を引き出すなーと、その点すごいもんだと思う。

そんな感じで。

 

実のところこの日、食券を購入しようと券売機を正面にしたその次の瞬間、入口の階段を降りてきたアジア系の女性に「ハヤクシロバカテメー」と小声早口で言われて耳を疑ったり、色々あって冷静に食べられなくて、あまり味を覚えてないのです。ちょっと残念ですわ。まあ事故ですな事故。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

009:ラーメン二郎高田馬場店@高田馬場 小ヤサイカラメニンニク

※簡易更新中

Ren_r_20100127 訪問日:2010/01/27(水)
店名:ラーメン二郎高田馬場店
最寄駅:高田馬場
メニュー:小ラーメンヤサイカラメニンニク650円

++++++

この年から駅近くの早稲田通りから一本北側の目白通りに移転した高田馬場二郎。
規模はちょっと縮小したような感じで厨房の中もてんちょさん一人体制。前々から定休とか営業時間とかで何度も変更があった気がしたので、もっとてんちょさんの手と目の届きやすい二郎へとリニューアルオープンした、と感じていいのかなー。
少なくとも規模はどうあれ前のお店に比べてお店の通りに接している入り口の面積が広がって、格段に開放感が増してますな。夏とかこれいいですよね。特に夏に行きたい。この文章を書いてるのがもう残暑の季節なんですけど。

++++++

で、味の方もリニューアルというかバージョンアップしたような。例えば麺。ちょっとだけ幅広く、太くなったような。ボリューム感増大してるような!ヒュー!
高田馬場二郎は比較的好きな二郎なのですが、さらにお気に入り度が増しましたねー。粉の香りと豚の味わいと化学の力が合わさった、なんだかよくわかんない味わいで頭の中がヒートアップ。もぐもぐもぐもぐ頬張って食べる野趣溢れたもぐもぐ二郎。

この少し後に夕方営業がなくなって昼のみになったんだったかな。

 

 

ちなみに自分、少しの期間東京のとんかつなんかも食べ歩いていた時期があったのですが、とあるお店で食べたのを最後にとんかつに納得して、とんかつ店未食リストを貪るのをやめたんですよ。

おいしくてそれなり程度のお値段で、満足しちゃったんですよね。とんかつに。
でそのとんかつやさんってのがこの移転先の二郎のすぐご近所なんですよね・・・、なんたる偶然。
”その日にそのお店のとんかつが食べたくて”、”その日のそのお店のランチ営業時間に間に合うよう”、”首都高を使って食べに行く”こともあった、そういう思い出のお店です。

 

まあだからなんだって話ですが!
豚コラボなお話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

008:つけ麺なかむら@渋谷 全部盛り油そば

※簡易更新中

Ren_r_20100124 訪問日:2010/01/24(日)
店名:つけ麺なかむら
最寄駅:渋谷・神泉
メニュー:全部盛り油そば750円

++++++

ぐぐる先生に渋谷でラーメン屋さんなにかないかなーと聞いていると、「油そばはじめました」の表記を発見。つられて来てしまいました。素油そばで500円とかそれくらいのお値段でしたか。ちょっと惹かれます。
結局素油そばが麺以外ほとんど裸状態らしくて、ちょっと寂しいので全部盛り。他のお店と一緒くらいのお値段にはなりましたが。

焦がし醤油の香りを生かした油そば、という触れ込みの、醤油タレの油まぜそばでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

007:和風中華てんてん@渋谷 担々麺+ライス

※簡易更新中

Ren_r_20100120 訪問日:2010/01/20(水)
店名:和風中華てんてん
最寄駅:渋谷
メニュー:担々麺+サービスライス850円

++++++

渋谷宮益坂の上の方の雑居ビルの奥のエレベーターで更に上を目指すと見つかるてんてん。看板は表にあるけどフラッと見つけてフラっと立ち寄るには難しいんじゃなかろうか。ランチ時間にはご近所さんのサラリーマンの人らで埋まってます。
でみんなサンラー麺頼んでるの。自分は担々麺を頼みましたが!!!サンラーはまた今度!

ライスつけますかー?と聞かれてライスもお願い。オレンジ掛かったような赤さの担々汁が注がれたちょっと広めの器が、どでーんと登場。酸いくて辣くて麻くて香い担々麺というよりはトウガラシ的な辛さが表面を覆う感じの坦々風汁そばという感じかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

006:ラーメン専門店 凪@渋谷 ラーメン

※簡易更新中

Ren_r_20100118 訪問日:2010/01/18(月)
店名:ラーメン専門店 凪
最寄駅:渋谷
メニュー:ラーメン+替え玉かため780円

++++++

凪は渋谷新宿その他と現在何店舗かに増やしていますが凪とんこつ、つけめん、ニボシと色々ある中では凪とんこつが僕はいっちゃん好きですなー。

コラーゲンいっぱいの豚骨とか臭みも何もかもとにかく煮出したとんこつとか粉砕したとんこつを炊いてあっさり飲ませるとんこつとか世の中色々ありますが、世の中色々とんこつですが、ここのは上手いこと豚骨のうまい部分ステキな部分ばっかりを選んで汲み上げたような組み立ての良さが印象的でした。なんか抽象的ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

005:秋葉らーめん松風@秋葉原 松風らーめん

※簡易更新中

Ren_r_20100117 訪問日:2010/01/17(日)
店名:秋葉らーめん松風
最寄駅:秋葉原
メニュー:松風らーめん780円

++++++

新春にアキバにオープンしたお店。小川町の支那そばきびの姉妹店みたいですな。

開店を知って店の場所を調べてみて仰天、牛丼サンボの裏。クレバリーとの間。
立ち入り禁止で有名なアキバの私有地ですよ。その奥ですよ。私道の入り口には私有地につき立ち入り禁止の看板が立ってたはず。
どうやってこの、このはしわたるべからずを解決するのかーと思ったら・・・営業時間中はこの松風の営業看板が立ち入り禁止看板に立てかけてありましたとさ。

たちいりきんしが見えない!だからセーフ!よし!とばかりに私道の奥のお店に入店。まさかこんな形でこの道に入ることになろうとは。

 

五種類の野菜をベースに仕込んだスープ。いわゆるベジポタ系というヤツだけど、写真を見ても分かるとおりごってりと濃厚に煮込んでますな。
一口飲んでみるとこりゃなんだ、ポトフか?と連想してしまった。舌にさらさらと煮崩された野菜が触る、他じゃあまり味わったことのない第一印象。
麺は太めかためでハリのあるストレート。お腹にしっかりと落ちてく。

全体的にどっしりした食べ応えで、野菜を中心に仕込んであっさり食べやすいじゃなくて濃厚ごってりに作り上げてるってのもまた面白いなーと思った。
上に乗った魚粉が麺を食べ進める間にスープに溶け込んで、よりラーメンらしくなっていくその過程とかもそう。
いつの間やら魚粉=ラーメンっぽさを表すものになってるんだななんてふと気付かされる。

 

全部を食べ終えると、あー野菜食べたー!って気分になりますな。
ごちそうさまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

004:千代松@渋谷 らーめん

※簡易更新中

Ren_r_20100108 訪問日:2010/01/08(金)
店名:麺屋千代松
最寄駅:渋谷
メニュー:らーめん620円

++++++

渋谷の高架下に並ぶお店の一つ、千代松。
ゴマラーメンやらゴマみそ担々麺とかゴマ押しのメニューが並ぶお店。で、あえてノーマルのらーめんを注文。

魚介の香りがかおる醤油ラーメンでしたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

003:影武者@秋葉原 らーめん小ヤサイニンニク

※簡易更新中

Ren_r_20100107 訪問日:2010/01/07(木)
店名:らーめん影武者
最寄駅:秋葉原・末広町
メニュー:らーめん小ヤサイニンニク680円

++++++

アキバ昌平通り沿いのアキバ側にあった二郎インスパイアのお店大二郎。の跡地に1/4にオープンしたばかりの二郎インスパイア影武者。
昨年末に通りかかって偶然開店告知の張り紙を目撃して思わず写メールを撮ってしまったのだけど、その文面が「二郎インスパイア開店予定※前の店とは関係ありません」だったかな?
そんな感じで少し笑、もとい気になってました。即訪問。

入り口の券売機でらーめん小の食券を購入、店員さんに渡す。
「ニンニクは入れますか?」の言葉にヤサイニンニクとオーダー。当然通る。
そして出された器のビジュアルは色数の少なさが食欲をそそるいかにも二郎的なもの。

でまあ味は・・・豚使いがもっと荒ければなーと。スープのコクの部分にこじんまりとしたものを感じてしまう。
スープの乳化の具合は無乳といってもいいくらい。でカエシが効いてるのかというとそうでもない。というわけで食べながら卓上醤油をぐるりんぐるりんぐるりんと3周くらいさせてみる。む、ちょっと二郎っぽくなった。何やってるんだろう。

自称で二郎インスパイアを名乗るということはそのあたりどんどん研究してくんだろうかね。
この開店数日から数年経ったとき、どう成熟してるものか楽しみですな。

 

全然関係ないのだけどこのお店の屋号は影武者。その向かいの路地にも”落武者”っていう名前のラーメン屋さん(革製品のニチワの手前、以前中華料理屋さんがあったところ)が昨年オープンしてるんですよね。
ギリギリで営業時間にあわなくて未食のままなんですけど、影武者と落武者。うーむ。むしゃむしゃ。(※8月20日現在も営業中かは未確認)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

002:まっち棒渋谷宮益坂店@渋谷 ラーメン

※簡易更新中

Ren_r_20100103 訪問日:2010/01/03(日)
店名:まっち棒渋谷宮益坂店
最寄駅:渋谷
メニュー:ラーメン+サービス替え玉680円

++++++

お正月三が日2杯目はまっち棒。
とんこつのアンモニアムな香りで胸をいっぱいにしながら細麺をすすり上げるお正月。
お正月だろうがランチには替玉1回サービスやってくれるってのはありがたいですな。ふらりと入ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

001:新宿煮干ラーメン凪@新宿 味玉つけめん

※簡易更新中

Ren_r_20100102 訪問日:2010/01/02(土)
店名:新宿煮干ラーメン凪
最寄駅:新宿
メニュー:味玉つけめん(400g)900円

++++++

あけましておめでとうございます!!!!!!!!

7ヶ月遅れですけども。簡易更新という名の適当進行で記事をあげさせていただいております。現時点に追いつくのはいつの日か。
き、記事の進行だけじゃなくて内容も適当ですよ!勘違いしないでよね!
なんかいつもそんな感じな気もするけど。

 

今年初ラーメンは新宿ゴールデン街の凪。新春日替わりラーメンを出してたそうでひょいと列に参加。
してはみたものの、既に限定ラーメンは売り切れてて通常メニューを頂くことになりました。

よく考えたらここでつけ麺は初めてかもしれないなぁ。
5mmほどの、もそっと、歯応えに粉っぽさを感じさせるような極太麺が400g(大盛り)。それからわんたんの皮を思わせるけどれっきとした?超幅広麺、”いったんも麺”が一枚。

これら麺をつけ汁に突っ込んで、もぎゅもぎゅもぎゅぎゅっ。
いったんもめんも汁につけてじゅるるるんっ。
つけ汁にはニボシの旨味甘味苦みをこれでもかとつめこんであって、太麺の周りをつつみこんで口に届く量でもガツンとうまみを感じさせる。
いったんも麺をすするとその汁の届く量、咀嚼されて麺と混ざり合ったときの味わいも一味違って面白い。
合間合間に届く、汁の表面に浮いた指の先くらいの大きさに切られたネギの辛さがひとつのアクセント。

量が量だけに結構汁が冷えちゃうのだけど割りスープを注いでもらうと忘れちゃいますな。温か也。
お正月からお腹をいっぱいにしながらご馳走様でした。

 

※おまけ。

Ren_r_20100102_a

列に並びながら見上げ凪。

 

Ren_r_20100102_b

しゃがんでバッグを漁っているとエサをくれると勘違いしたのか人懐こそうに寄ってくるけどいざ取り出したカメラを見て興味なさそうにクールに去るねこ。
チャンスを逃しても名残惜しんで適当にシャッターだけは切っておく自分。

そんなお正月。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2011年7月 »