« 116:新宿モモンガ@西武新宿 つけめん並盛り | トップページ | 118:がんこラーメン総本家@四谷三丁目 ホホーッラーメン塩 »

2012年7月 6日 (金)

117:土佐の男が作ったとんこつらーめん俺式@三越前 味玉豚骨らーめん+替玉

7img2323_small店名:
 
土佐の男が作ったとんこつらーめん 俺式

最寄駅:
 
三越前

メニュー:
 
味玉豚骨らーめん 780円+替玉 130円

++++++

 コレド室町内のとんこつラーメンやさん。元はバシのせたが屋として世田谷区環七沿いの有名店せたが屋とおんなじような屋号でお店をやってたのが、業態変更でとんこつラーメン専門店に。半蔵門線とか銀座線あたりから直結なのでちょくちょく利用してます実は。

 ほんのりアンモニアっぽい豚骨ラーメンらしい香りとねっとり粘度高めのコクうまスープ。細ストレート麺はごわっとした感触もあってもぐもぐいける。好みでいうとサラっとしたとんこつよりこういうのが好きですわてくし。土佐で食べれる土佐ラーメンではなくて、あくまで土佐の男が作った豚骨ラーメン、というくくりな以上はもしかしたら?まんま現地の味というわけじゃないのでしょうがまあそこは全く問題じゃないですな。

 

7img2324_small こちらでは俺式油そばなんてのが紹介されてて。

 ラーメンやさんでは(ラーメン屋さんじゃなくても)、スープにごはんをどぼんする雑炊やらまぜそばを食べ終えた後の残ったタレやらスープに飯を混ぜ込んで器の最後まできれいに食べる洗い飯やら、お客が調理の過程にほんのちょっと参加するみたいな食べ方が色々とあるわけですが。割りスープもよく考えたらそういう方向に使われますな。

 俺式油そばというのは私なんかもちまたの豚骨ラーメンやさんで食べるときちょくちょくやったりやらなかったりしてるのですが、替玉を頼んだその替玉の器の中をお客が調味料やらスープやらを加えてカスタマイズすることで、そのまままぜそば風に食べる方法。でこのお店ではラー醤というオリジナルのちょい辛な食べるラー油みたいなものが卓上に用意されてて、これを加えるあたりがとりわけ俺式、なんでしょうな。替玉料金130円だけで食べれる追加メニュー。

 ただまあ替玉は出されてから放置するとすぐおせんべいみたいにくっついちゃうので、慣れは必要かも。ごわっとした麺にねっとりなスープの香りといろんな具材が混ざった食べラー、ほんのり味噌味の味玉の黄身等々まぜこまれてもっさもっさいけました。んまんま。ごわごわすぎて最後の方にひたひた程度にスープ加えちゃいましたけども。

 

 余談以外のなにものでもないですけど、これこのお店で最初に試したとき卓上のニンニク一粒クラッシャーで潰したものを、麺の方に加えちゃったのです。まー辛い辛い。つけ麺みたいにスープの方に浸しながら(にんにくを洗い落とすように)食べましたね・・・ラーメンやさんで遊びふけってるつもりはないのですが、まあこれもこれでおいしかったです。

|

« 116:新宿モモンガ@西武新宿 つけめん並盛り | トップページ | 118:がんこラーメン総本家@四谷三丁目 ホホーッラーメン塩 »

ラーメン」カテゴリの記事

中央区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545894/55118500

この記事へのトラックバック一覧です: 117:土佐の男が作ったとんこつらーめん俺式@三越前 味玉豚骨らーめん+替玉:

« 116:新宿モモンガ@西武新宿 つけめん並盛り | トップページ | 118:がんこラーメン総本家@四谷三丁目 ホホーッラーメン塩 »