« 127:唐そば@渋谷 ラーメン+ゆで玉子 | トップページ | あけましておめでとうございます2013 »

2012年8月17日 (金)

128:カラシビ味噌らー麺鬼金棒@神田 カラシビ味噌らー麺

7img2350_small店名:
 
カラシビ味噌らー麺鬼金棒

最寄駅:
 
神田

メニュー:
 
カラシビ味噌らー麺 780円

++++++

 唐辛子とかスパイス的な辛いラーメンを出すお店はいっぱいありますけどもいい感じの担々麺やさんを除くとシビレ方面の辛さ(麻さというんですかね分かりません)を押し出したお店は少なくとも私はこれまで知りませんでした。
 そんな中で辛さとシビレを押し出したカラシビラーメンを出すとちいい感じの評判をちょろちょろ聞く神田の比較的新店鬼金棒。何がいいって特に定休なし、休みでも通し営業(ただし日曜は16:00まで)。
 これはい、いくしかねえ・・・と思うわけです。来ました。満席!
 昼過ぎでもやってるお店は少ないわけじゃないはずですがそれでもみんなこちらに集まるんですねえと期待膨らませて着席。(結構待ちました)

 こちらでは辛さとシビレ、それぞれの量をレベルで個別に指定できるんですね。両方なしの場合はおろしショウガを乗せられるとのこと。辛さはいかがいたしますか、とかはよく聞きますけどねえ。
 今回は初めてなので通常とされる量よりも辛さ少なめ、シビレ少なめで指定。恐る恐る。

 

 個別に細かい指定ができる上に具を鍋で煽って作るミソ=スタイルなので、それだけの回数中身を替えて鍋を振らなきゃならないんですよね。極太麺のゆであげ時間もあいまって結構待ちました。
 でも出てきたのは、待ってて良かったボリューム。背脂多めのこってりミソにたっぷりのもやしやら万能ネギやらの野菜。ベースは豚骨か何かですかね、しっかりしていてミソダレ等々が浮いてない。
 それから辛さもシビレも控えめ設定の一杯なのですが結構また刺激強いです。最初にバツンとシビレ、その裏でじくじく長引く辛さがくるかと思ったら逆で、一口目から来るあつあつからからを堪能してる中でじわじわシビレを感じる味わい。これを一発目から辛さ、シビレともに”通常”の設定で食べてたら印象ガラリ違ってたでしょうなあ。

 太麺はくみっくみっと歯が沈み込む固さがあってずるずるもぐもぐ食べられます。太さが違う麺をブレンドしてると聞いたことありますがちょっとよく分からず。
 大きめでとろとろのチャーシューと背脂ミソ、それから甘いベビーコーンで中和しながらあつあつからからびりびりラーメンをがっつり食べるというスタイル。

 

 正直いうと今回は他のお店で営業時間に振られて流れ着いた結果の訪問になりましたが、次回は最初からこちらを目指してもいいかもと思いますな。限定ラーメンもちょくちょく出してる様子でそれもおいしそうで。ただカラサシビレを増量する機会はもっと先になるかも、と貧弱な予想。

|

« 127:唐そば@渋谷 ラーメン+ゆで玉子 | トップページ | あけましておめでとうございます2013 »

ラーメン」カテゴリの記事

千代田区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545894/55412595

この記事へのトラックバック一覧です: 128:カラシビ味噌らー麺鬼金棒@神田 カラシビ味噌らー麺:

« 127:唐そば@渋谷 ラーメン+ゆで玉子 | トップページ | あけましておめでとうございます2013 »