« 2012年8月 | トップページ

2013年1月

2013年1月23日 (水)

007 土佐の男が作ったとんこつらーめん俺式@三越前 つけ麺

Img_9944_small
店名:

 土佐の男が作ったとんこつらーめん 俺式
最寄駅:
 三越前
メニュー:
 つけ麺 750円+替玉150円
++++++

 

 猛烈に、小麦の味のする艶やかむちぷりな太麺を胃に詰め込みたい!!!と電車の中で思い立ってそうなるともう替えが効かないことは周知の通り(既知総勢1名※本人)の暴れん袋をおなかに抱えて夕方頃、三越前に降り立つ名も無き一人がおったそうな・・・

 お目当ての中休みなしのお店は準備中でしたそうな。はい振られました。ラーメン徘徊者におなじみの性ってやつですね、振られ癖。中のお店の人と目が合った(ような気がした)ので失礼ながら覗いて伺うと、どうもこの日は仕込みが追いつかなくて緊急準備中としたそう。この日以外だったら食べられていたという・・・ふおお。仕方ない。

 他を探してもどうしても都合よく開いている営業時間のお店が発見できず。こうなったら小麦粉的なものならなんでもいいぞ!という諦めと気力を振り絞って前向きにいきたいという安い努力の混ざった、向かわれるお店としては失礼な気持ちで安心おいしいコレド室町内とんこつラーメンの俺式サンに向かうのでしたとさ。いつもありがとうございます。

 

 でお店の前に到達したところ、そういえばここではつけ麺は試してないことに気付いて入店即つけ麺オーダー。とんこつラーメンやさんのつけ麺はしょんぼりだった記憶がよく考えたら多くて自然と倦厭してたのです。おいしいつけ麺も出すとんこつラーメンやさんからすれば失敬極まりない。こんなことをわざわざ書いているということは、こちらのつけ麺はなかなかよかったということですな。えがっだえがっだ。

 メニュー写真を見ると平打ちタイプの太麺なのですよ。きしめんみたいな。で自然とちょい固めなのかなーと想像して、固めの太麺が好みからちょい外れる自分としてはそういう意味でもなんとなく頼みづらかったというのがあります。でも出てきたものを食べてみるとなかなかもっちりな食感。そうそうこういうのが食べたかったんですよ。とんこつベースのつけスープは濃い目でありかつ、よくある強い酸味のない、マー油の浮いたコッテリしたもの。平打ちもっちりなふと麺はいい感じにとんこつ味をまとって口に運んでくれる。それでいて小麦感も持っていて。

 とんこつスープを主体においたまじりけ少ないつけ麺ってそうそう多くはない気もするのですよね、なんとなくイメージにあるのはとんこつラーメンやさんなのにつけ麺になるとその魚介スープどこから持ってきたんですみたいな動物魚介スープで出してくるような。なんとなくのイメージですけども、そういうのも嫌いじゃないけどとんこつラーメンやさんだったらもっととんこつを味わいたいと思うわけです。ということを考えつつ完食。 

 でもここはとんこつらーめん屋さん。一度麺が空になってからもまだ第二ラウンドがあるわけです。この残りスープをただ割るのではなくて、ラーメン用極細麺の替玉一つ柔らかめでオーダー。このときつけスープに強いすっぱさが入ってたりするとこういう食べ方をしても食べづらいだけだったので、ここなら大丈夫なのでは?と期待しつつ、確かにその食べ方でも違和感なしに食べられて一安心。替玉を半分残して、卓上オリジナル調味料の俺式食べラーを麺にまぶして細麺のつけ麺風に食べたりもして。

 

 1度のつけ麺で3種類の食べ方しつつおなか一杯ごちそうさまでした。とんこつやさんのつけ麺もやるじゃない、などと思ったけど、ここまできてよくよく考えたらこのお店、つけ麺で名前を上げたせたが屋のグループなんだからつけ麺がやるとかやらないとかのレベルじゃなかったですね・・・抜けてるなあ自分。魚介が入っても当然美味しいものを出せただろうけどそこをあえてとんこつ主体のスープを出してるのがこの俺式ブランドでの個性なんでしょうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

006 らーめん一途@錦糸町 ラーメン+ランチサービスごはん

Img_9894_small
店名:

 らーめん一途
最寄駅:
 錦糸町
メニュー:
 ラーメン+ランチサービスごはん 700円
++++++

 

 京都銀閣寺ラーメンますたにの出身で、まんまますたにのラーメンが食べられるとウワサから訪問。先日うかがった佐市からの連食。どうしても気になって。ますたにの日本橋本店というのが日本橋のたいめいけんの斜め向かいなんですよね。オープンしたてのますたににはこども時代に両親にしばしば連れてこられてて、それなりに思い出深いわけです。たいめいけん好きのこどもでしたのですごく覚えています。たいめいけんは美味しいですからね。たいめいけんにいきたk ますたには美味しいですからね!!!

 で一途のらーめん。今後ひいきにしていきたい一途のラーメン。見た目は背脂が沢山浮いて、ますたにオープン当時の他の色んなラーメン屋さんでやっぱり多かった(と思います)スタイル。といってもコッテリ偏重ではなくてこってりだけどあっさりみたいなそういう目的地に着陸させたイメージ。

 とりわけますたにの店内にもあった、当店のラーメンは3層構造です云々という注意書きとラーメンの組み立てをこちらではまるっと継承。つまり、第一の背脂の層。第二のあっさりスープの層。それからピリっと辛味タレが仕込まれた第三層。だからこそ、スープはレンゲではなく器に口をつけて飲むことをオススメします、とのこと。口につけた最初は背脂のコッテリ感。それを洗い口になじませすっきりしたスープを楽しませる2層目部分。そして食べ進むうちに麺で底までかき混ぜられ仕込まれたタレが混ざりこんで、うま味で飽和した口を引き締めるピリっと感が徐々に登場みたいな。よくできてるなーと改めて思ったり。

 

 どうも一途サンよりますたにサンを誉めてるような感想で書いてますけども、単純にこの味が好きってだけの話なのでひとつよろしくお願いしたく・・・このスープの中からストレートの細麺を引きずり出してちゅるちゅるしつつ、ライスの粒と背脂の粒を口で混ぜあいながら食べるラーメンライススタイル、これいいなあ、と思うわけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

005 麺や佐市@錦糸町 牡蠣拉麺

Img_9882_small
店名:

 麺や佐市
最寄駅:
 錦糸町
メニュー:
 牡蠣拉麺 880円
++++++

 

 昨年オープンの比較的新店。錦糸町ロッテ会館の裏と路地裏にお店を出しながら無化調にこだわったしっかりした素材感あるラーメンを出すとの事で訪問。オープン間もない頃に看板メニューの海老ラーメンを即封印して新看板メニューを開発しますとかアナウンスがあったらしいことでとりわけ印象づけられたんですがさて。

 残った方の定番メニューが、牡蠣拉麺。なんたらベースの牡蠣ラーメンじゃなくて牡蠣ベースというところに他にないこだわりがあるそう。海をまるごと食べてるように、と掲示のうんちくで述べられてるけど、確かに海あじの牡蠣のまるごと感がすごい。実際牡蠣のオイル漬け?がトッピングされてますけどそっちでなくてスープの方。小鍋でスープを温めて作ってましたけども大なべで沢山作ったままにせず風味維持のための温度管理をちゃんとしてるんでしょうね。腐らないよう加熱しっぱなしじゃ飛んじゃうだろう風味が維持されて。

 醤油バターを溶かし込んでるらしいスープは粘度があってクリーミィなとろけ感がよいです。その中に小麦あじのある、しかし堅いほどではないゆであがりの太麺が泳いでいて、いわゆるちまたの油が溶け込んだ動物魚介2種類スープ+太麺の口ざわりなのですけども鼻腔と味雷を通って伝わる海のあじわいは貝類のそれ。みんな知ってるアレとは違うんですぜみたいな。堅さが強い太麺は個人的にちと苦手なのでこの食感のバランスはすごく嫌いじゃない方向ですな。

 太麺とスープのインパクトとは裏腹に量はそこまでもなくてスルっと完食。食べやすさとコクがしっかりあって、なおかつ印象に残る作り。キレイな店内で、いわゆるラーメン屋さんの雰囲気が苦手な女性でも食べるのにそう苦労ないかもですな。自分以外に女性のお客さんが一人でいたのでそんなこと言ってるんですけども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

004 四谷がんこ総本家@四谷三丁目 天然記念物ラーメン

Img_9862_small
店名:

 一条流がんこラーメン総本家
最寄駅:
 四谷三丁目
メニュー:
 天然記念物ラーメン 700円
++++++

 

 ※以下の長々した文をまとめると、「がんこ総本家のオヤジさんが昔ながらの中華そばを作ったうまかった。オヤっさんすげえ」で終わりです。やったー省電力!

 

 がんこ家元というととっぴな(あるいは豪勢な)材料でラーメンを作ってみたりめちゃ塩辛いラーメンを出してみたりと色々なイメージがあるのだと思うのですけども、あってるのだと思いますけども、ほんとラーメン職人さんなので持ってるラーメン哲学がすごいのですよね。自分らがラーメン食べてるときに話す家元の言葉の間にチラッと入ってたりして。あ、今のはオヤジさんじゃなきゃ言えないセリフだ、みたいな。

 でその哲学を支えてるのはたぶん、長いラーメン屋さん経営の経験であったり、人生経験そのものであったり。するのでしょうけども、まだまだ全然うっすい人生を送ってる自分なんかじゃきっとこうだろうなんて想像したりしれっと語ったりできるものじゃないのです。で辛うじて分かるのは、(自分のような)そんじょそこいらのラーメン好きじゃきっと並び立てないほどのうまいものを、うまいラーメンを、昔ッから食べて食べ歩いてきたということ。そのあたりもラーメンの味の、味を組み立てるりくつの説得力になってるんでしょうなあ。と思ったりするわけです。ここまで前置き。

 

 そんな家元が口をすっぱく言うのが、きみたち今の店売り半インスタントラーメンばっかりくっちゃだめだよ、ラーメンにしろラーメン以外にしろ、ほんとうまいもの食べなよ。ラーメン食べるなら本炊きスープだよ本炊き。とそんなこと。昔ながらのお店でも、ほんとにそういう既製品のまじりけなし本物づくりのお店の味は違うんだから、とそんなようなこと。

 で今回のラーメンが、じゃあ作って見せてやるよそういうラーメン、というコンセプトの中華そば。

「鬼子母神下に有った、あの幻の名店、栄屋(蕎麦屋)の中華そばを私流に再現」したラーメンだそうです。栄屋・・・インターネッツでちらっと電子の波を覗いたら栄家とも表記されてて自分の知識にも当然ない、でも家元がいう価値ある正統派ラーメン。だそう。何を食べてもおいしい蕎麦屋さんだったそうで、つい数年前までやってたそう。だそうだそうと伝聞でしか言えないのがつらい。やってる頃に教わりたかったですよ・・・ほんと。

 

 そして出てきたのはなんの変哲もないラーメン。縮れた中細麺のいわゆる中華麺に、きつね色のまじりっけないスープ。控えめにスープ表面に見える油。モモ肉の煮豚(これはモデルとは違う家元による昔風ラーメン演出のためのアレンジだそう、モデルはバラ肉煮豚)。当然変哲があったらダメなんでしょうけどね。だ、だが待てよ、このスープは・・・!とスープを飲んでみると、いやーーー。うまいですよこれ。ねえ。

 言葉で簡単に言ってしまうとたかが再現、なんですけどねえ。頭の中のノスタルジアがうまいと告げているとか意味の分からない恥ずかしいセリフも出てきますよ、今考えたんですけども。お蕎麦屋さんのラーメンというのはダシが入って中華料理やさんのラーメンはダシというものが入らないっていうそういう明確な違いがあるとのことです。へーそーなのですか、と自分がおぼろげに思う正面で家元はそのあたり強調してました。

 食べているラーメンには確かにおだしの香りがぷんと漂う。中華そばの香り。家元ならではのアレンジなのかモデルの再現のうちなのか、醤油の主張がでしゃばらないまでも、スープのおだしにしっとりなじみながらも存在感をアピールしていて、一口すする中でも自分が記憶の中に抱いている醤油味の中華そばらしさを形作ってるわけです。煮豚も今よくある繊維が崩れてとろける感じのものでなく、かみ締めるとモモ肉の柔らかな繊維の感触を楽しめつつじわり肉のうまあじが染み出す。豚の仕込みの際に、ラーメンにも使われてるカエシの中に豚の味を出したんだなってほんの少し分かる豚味とカエシ味の等価交換後の味(味が抜けてるとは言わない)。

 

 濃い味というわけじゃないスープをしっかり縮れの間に抱えた細麺をですね、一心不乱にすすりこんで名残惜しげな完食。最初から最後までふつうの中華そばでした。ふつうのおいしい中華そば。すっきりと柔らかながら印象に残るスープ。こういう中華そばをいっぱい食べたいもんですねえ。と思ったりしつつお代わりを我慢しての退店。だって後ろにもしっかり並んでますし悪いですしねえ。

 特別な材料じゃないふつうのラーメンを出すと宣言しておいても、食べてみたいとそれだけ数多くの人に思わせる、そういうあたりに家元らしさが現れてるんだろうなあとわかったようなことを言ってみたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

003 麺屋ZERO1@四谷三丁目 ガッツ系ラーメン大盛り

Img_9833_small
店名:

 麺屋ZERO1
最寄駅:
 四谷三丁目
メニュー:
 ガッツ系ラーメン大盛り 680円+150円
++++++

 

 四谷三丁目の某店に向かうと売り切れ終了。とてもつらい。ホタテ干し貝柱を入れたガツンとした悪魔食べたかったナ・・・と松の内も明けないう(1/5の話)ちにしょぼくれて四谷駅方面に放浪。

Img_9829_small_2 脳みそにビキビキ届く強烈なラーメンを食べたい、というかもはや身の内では既にそれを食べ始めていると同様の心もちになっていたのでそんじょそこいらの美味しいラーメンじゃ代替不可!となっていたわけです。みんなご存知のあれですねあれ。おなかがペコちゃんただしただのペコではない別個であるみたいな駄洒落ですすみません。

 でラーメン二郎という手も考えましたが年始という時期と夕方手前という時刻的に、早すぎと手遅れすぎ両方が揃っていてどうしようもない。じゃあどうするかというところで、上記のお店が目に飛び込んできたわけです。い、いくしかねえ・・・やっててよかったチェーンやさん。

 味には特に触れませんが。

 

おまけ。

Img_9835_small Img_9837_small

Img_9839_small Img_9841_small

Img_9845_small Img_9847_small

 満足いかない胃を抱えて初市が開かれたあとの夜の築地にてたちぐいすしなどをひとつ。板前のお兄さんとおのれ寿○○ん○い!などと言ったりすつつおいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

002 ラーメン凪煮干王@渋谷 天然塩と鯛のハーモニーにそっと雲丹を添えて2013

Img_9762_small_2
店名:

 ラーメン凪煮干王 渋谷店
最寄駅:
 
渋谷
メニュー:
 賀正!天然塩と鯛のハーモニーにそっと雲丹を添えて2013 1000円
++++++

 

 ハイハイ連食連食。元旦凪豚王本店で1杯目を食べて退店したのち、少し坂を下って渋谷警察裏、ラーメン凪煮干王。で同じく元旦限定ラーメンです。

 白くて縁の広い器に白い麺、紅色の麺とが半々に配置されて朱色のレンゲにオレンジのうにと、紅白のコントラストが目を引くこれまた新春ぽい一杯。具も豪華に、酒で煮た浅利、湯通しされた半生の鯛、シソで包まれたウニ、ネギの上には桜の塩漬け。鯛アラの強さが目立つ塩スープをさらにさっぱりさせるスライスレモン。

 ウニを口に含んで口の中がウニの強めの香りで満杯になったのちスープを一口入れると、塩気の強い鯛アラ清湯で洗われてはんなり海味。この海味で全体を整えてあるからふつうに使うと塩気が強すぎちゃう桜の塩漬けがアクセントで生きるのかもねえ。

 あと紅の麺はこのスープの中で食べるとちとボソっとしすぎてて好みじゃなかったです、煮込みラーメンみたいな熱々濃い味の中でコレが出てきたら別かもですが。って縁起ものに文句つけるのも野暮ですけどもまあ正直な感想ということでひとつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

001 ラーメン凪豚王@渋谷 新春!超海老王

Img_9756_small
店名:

 ラーメン凪豚王 渋谷本店
最寄駅:
 
渋谷
メニュー:
 
お正月限定「新春!超海老王」 950円

++++++

 

 新春一発目のラーメンはラーメン凪。そうです今年もです。3年連続くらいの元旦から凪。今年は元旦から渋谷本店。昨年も渋谷本店でしたけどもやっぱり元旦のお昼の渋谷というか繁華街はさすがに人がいない・・・ということで限定だけどゆとりをもって注文できましたとさ。

 中身は新春らしくめでたい伊勢海老ダシの味噌ラーメンで、濃厚とろりした海老あじスープ。その濃いい海老みそあじが、極太麺をかみ締めて小麦感の広がった口腔内に注がれて風味のまざりあい。
 具もトゥルンしたエビワンタンがいい感じですが、それよりも一匹丸ごと乗った焼き海老。これを鼻先においてスープをすすると感覚がダイレクトに海老の香りに包まれて海老感がさらに倍増効果アリみたいな。新春から海老満載も悪くないですねえ実に悪くないほくほくと完食。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

あけましておめでとうございます2013

 なんかふつーに更新停止してましたけども昨年の総括くらいは簡単にしておこうかなーと。

 昨年のラーメン杯数実績は、237杯。杯数的にはラメ食べラーの方々と比べるとふつーか少なめという感じですかね。個人的には減らしていっていいと思います。でその中でも気になるのがリピート率で、四谷がんこ総本家@四谷三丁目が31杯とリピート回数ダントツ。各地のがんこラーメン全体の杯数も加えれば当然さらに増えますけど、やっぱり総本家は格別毎週日曜休みなしになにかしらスペシャルなラーメンを出してたり定番のラーメンも次々パワーアップして入れ替わっていくというのがかなり引きの強さありでしたねえ。

四谷がんこ総本家、牡蠣のホホーッの塩ラーメン さらに(昨年の話というわけでもないですが)家元が自身のブログを立ち上げて、ほぼ毎日更新の上でtwitterで逐一更新の報告、プラスして売り切れの報告もしているというのが毎回の行ってみようという気持ちに響いています。以前のような、こまめにお店に伺ってスペシャルの情報を拾っていないと事前の情報ほぼなく、売り切れ怖しで恐る恐る向かうハメとなっていた頃と比べたら遥かに行きたい度MAX。スペシャルなラーメンを出すお店数あれど、こまめな情報提供がないと生活圏外のお店にはなかなか行けないですからねえ、ほんとうにありがたい・・・と言えます。

 だからですね、あの店もあっちの店も停まりっぱなしのブログ更新してくれるともっとありg(今日の記事の冒頭の一行をチラ見して憤死)

 

 

 昨年のラーメン初めはラーメン凪豚王渋谷本店でイノシシ煮干。さらにラーメン納めは同じく渋谷のラーメン凪煮干王渋谷店で大晦日限定!酒かす味噌ラーメンwithカニ。と凪で始まって凪で終わってます。

ラーメン凪豚王、イノシシ煮干 統括の生田サンが、凪のラーメンは学園祭だ、みたいに言っていたのをtwitterで見た記憶があります。凪全店を使ってそういうお祭り騒ぎみたいなスペシャルデーを用意してたのが印象的でしたねえ。年末年始に凪全店でそれぞれ、各日違う限定ラーメンを出してたり、他店とのコラボ((仮) 日本のラーメンを変える若手っぽい会)を積極的に展開してたり。

Img_7270_small_2件のコラボでは夏の五輪麺スタンプラリーで6杯(えにし、くろ喜、ソラノイロ、ながれぼし、凪、福の神食堂)を食べてTシャツゲット。ときどき自室で着てますハイ。

 夏の五輪麺はそれぞれが美味しかったですけどもソラノイロとくろ喜はやっぱり凄いな、と思いましたねえ・・・blogには書きませんでしたけども。

 

 で昨年はそれなりに色々と食べてきたわけです。
 その中でも単純に美味しかったり関心したりで印象に残ったラーメンを順不同に挙げると、新宿モモンガのとろろこんぶを麺をまとわせたつけ麺、池袋がんこラーメンの鯛ソーメンから発想を得た赤ムツラーメン、先ほども挙げた秋葉原餐くろ喜のローストトマトと自家製コンビーフの冷たい五輪麺、四谷がんこ総本家の魔女ラーメン、和風つけ麺轍のアーモンド担々つけめん、岩本町山形家の味噌らーめん、新日本橋ビーハイブゲンキノモトの中華そばというかんじですかね。

 きりがないのでこれ以上挙げませんが、いろいろ美味しかったお店は多いです。またたべたい。どぅも、リピーターrokuです。

 

 

 と色々のたまいましたが、今年の目標は、更新する、という感じでどぞよろしくお願いします。アイッフォーンを5にしたのでなんとかなります。マジです。マジ。英語で言うとファ○ックです。よろしくおねがいしますね。

 

 

 あと別段書いてませんでしたがリピート回数2位は荻窪のパパパパパインです。パインはおいしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ