千代田区

2012年8月17日 (金)

128:カラシビ味噌らー麺鬼金棒@神田 カラシビ味噌らー麺

7img2350_small店名:
 
カラシビ味噌らー麺鬼金棒

最寄駅:
 
神田

メニュー:
 
カラシビ味噌らー麺 780円

++++++

 唐辛子とかスパイス的な辛いラーメンを出すお店はいっぱいありますけどもいい感じの担々麺やさんを除くとシビレ方面の辛さ(麻さというんですかね分かりません)を押し出したお店は少なくとも私はこれまで知りませんでした。
 そんな中で辛さとシビレを押し出したカラシビラーメンを出すとちいい感じの評判をちょろちょろ聞く神田の比較的新店鬼金棒。何がいいって特に定休なし、休みでも通し営業(ただし日曜は16:00まで)。
 これはい、いくしかねえ・・・と思うわけです。来ました。満席!
 昼過ぎでもやってるお店は少ないわけじゃないはずですがそれでもみんなこちらに集まるんですねえと期待膨らませて着席。(結構待ちました)

 こちらでは辛さとシビレ、それぞれの量をレベルで個別に指定できるんですね。両方なしの場合はおろしショウガを乗せられるとのこと。辛さはいかがいたしますか、とかはよく聞きますけどねえ。
 今回は初めてなので通常とされる量よりも辛さ少なめ、シビレ少なめで指定。恐る恐る。

 

 個別に細かい指定ができる上に具を鍋で煽って作るミソ=スタイルなので、それだけの回数中身を替えて鍋を振らなきゃならないんですよね。極太麺のゆであげ時間もあいまって結構待ちました。
 でも出てきたのは、待ってて良かったボリューム。背脂多めのこってりミソにたっぷりのもやしやら万能ネギやらの野菜。ベースは豚骨か何かですかね、しっかりしていてミソダレ等々が浮いてない。
 それから辛さもシビレも控えめ設定の一杯なのですが結構また刺激強いです。最初にバツンとシビレ、その裏でじくじく長引く辛さがくるかと思ったら逆で、一口目から来るあつあつからからを堪能してる中でじわじわシビレを感じる味わい。これを一発目から辛さ、シビレともに”通常”の設定で食べてたら印象ガラリ違ってたでしょうなあ。

 太麺はくみっくみっと歯が沈み込む固さがあってずるずるもぐもぐ食べられます。太さが違う麺をブレンドしてると聞いたことありますがちょっとよく分からず。
 大きめでとろとろのチャーシューと背脂ミソ、それから甘いベビーコーンで中和しながらあつあつからからびりびりラーメンをがっつり食べるというスタイル。

 

 正直いうと今回は他のお店で営業時間に振られて流れ着いた結果の訪問になりましたが、次回は最初からこちらを目指してもいいかもと思いますな。限定ラーメンもちょくちょく出してる様子でそれもおいしそうで。ただカラサシビレを増量する機会はもっと先になるかも、と貧弱な予想。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

126:麺処くるり@御茶ノ水 辛みそらぁめん大盛り

7img2346_small店名:
 
麺処くるり 御茶ノ水店

最寄駅:
 
御茶ノ水

メニュー:
 
辛みそらぁめん大盛り(270g) 750円

++++++

 市ヶ谷のみそらーめんやさんくるりの御茶ノ水支店。この支店は今回で2回目。思い出すともうこの太麺とクセのないみそが食べたくなってしまう・・・と御茶ノ水の坂をてくてく下りて訪問。

 この大きな器に大盛りを盛られると結構な量に見えて大丈夫かな?と思われるんじゃないかというビジュアルですが、一度食べてみると大盛り結構ガンガン盛りたいと思える後口なんですよね。さらに大盛りに増量は無料。サービス良いです。

 せっかく二度目の訪問なので辛みそにしてみました。
 普通のみそと同じようにスープと野菜を鍋で煽ってあっつあっつのそれを器に盛った後、ポテサラとかアイスクリームを掬うカチカチカップで辛味パウダーを丸くこんもり乗せてくれます。写真で見ると大きな器との比較で小さめに見えますが実物はこんもりですこんもり。マジかという感じ。赤いマジ赤い。

 

 ひとまず器の端から普通の平打ち太麺を引っ張り出して堪能。滑らか肌で粘度高いけどクセの少ない白みそスープを絡ませてもぐもぐ。粘度が高いということはそれだけ舌に絡まってあっつあっつだけど、もの自体の味付けは食べやすくてするする入っていく感覚。いいですねえ。くるりのみそのいいとこだと思います。

 次に辛そうな赤いヤツを器の向こう側半分に満遍なく広げてみます。恐る恐る。
 スープの粘度が高くて具も一杯なのでパウダーが沈んでいかない・・・濃い赤のそれがきれいに半月状に広がった状態。パウダーをひとかけら食べてみます。

 ・・・辛いッッッ!!

 もしかしてそんなに辛くないんじゃないか、という現実逃避的な予想は1mmより小さなひとかけらで崩れ去りました。荒めの刻み唐辛子を主体に作ったスパイスですね。ドカンとくる辛さ。

 でもまあくるりご自慢の濃いみそと合わさって味わうので苦行というほどの大袈裟なものじゃないです。ひいひいはあはあしながらちょっとずつ前半分の白い半月と混ぜたり交互に食べて辛さと休憩を織り交ぜつつ完食。

 

 

 食べきれたとはいっても身体は正直なもので、顔から身体から滝みたいな汗で包まれてました。周りにお客さんがいない時間だったのが幸いというか辛いというか漢字が似てて分かりづらいですがそんな感じで。赤い怖い楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

067:あたりや食堂@岩本町 ラーメン

7img0750_02_small店名:あたりや食堂
最寄駅:岩本町・秋葉原
メニュー:ラーメン650円

 

 アキバでは毎度(個人的に)おなじみ、神田川を背にした方のジョナサン。の斜め向かいに7月の21日にオープンしたばかりのお店。宮崎県で昭和初期創業のお店の出店だそうで、期待も隠せず入店。

 こちらでは雷々麺というあんかけまぜそばが名物らしくて元々そちらのメニュー気になりすぎていたのだけど、さて今回。メニューを眺めると、雷々麺の隣に同じような目立ち具合で用意されていたラーメンの4文字。最近どうも周りで宮崎とんこつラーメンうめえ宮崎とんこつラーメン毎日でも食べれるみたいな評判がぐるぐるしていて、うーんとひと悩み。
 このとき実は夕飯は済ませたばかりだったのだけど、近くを通ってしまったのを不こ・・・ゲフン、機にどうしても我慢できずに訪れたのですな。だもんで、がっつりお腹にためるの楽しい系の雷々麺は後回し、今日はラーメンで!と今回の決定。

++++++

 結果から述べると、こちらで出すラーメンは宮崎のラーメンではあっても、宮崎とんこつラーメンではなかった、ということ。どうもあたりや食堂さんではとんこつではなくて鶏がらのみでスープを取ったという逆に面白いラーメンを出してくれているということですな。

 先入観もあいまって、初見では分かりませんですな、油少なく白濁でサラっとした塩スープ。ようは鶏白湯。これがライトな雰囲気の中にボキっとした感触の中細麺。個人的な好みからすればスープ少な目の器で極細麺というのもいいなーとも思ったけどこれも十二分にありですかな。
 さらにとろっとしたチャーシューの醤油タレの香りも入って、スープをかすかに補強。もやししゃくしゃく。

 650円っていうお値段も最近じゃいい選択ですな。あと通し営業+日曜営業というのもやるですなと思ったり。各所で中休みに振られた後の救世主になってくれればありがたい・・・

※追記:日曜定休になったようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

066:天雷軒神保町店@神保町 琥珀鶏涼麺

7img0746_small店名:天雷軒神保町店
最寄駅:神保町
メニュー:琥珀鶏涼麺600円

 

 先日オープンした天雷軒神保町店。前を通るたびに○○日on sale!みたいな新メニューの提供開始予定日がチラチラ目に入ってチラチラ気になってしまってるのですんがが。

 そんな中、とりわけ気になってた8月に入ってから提供開始の牛骨醤油拉麺、に先駆けて開店当初には提供予定が書かれていなかった上記冷やしメニューが7月の24日から提供開始されていたとのことで、ズバっと入店ズバっと食券購入。

 基本は魚介のレギュラーメニュー琥珀醤油と一緒かなとかの勝手な予想はズバっと切り捨てられて、こちらは鶏だけで作った冷やしスープとのこと。冷えッ冷えの器に透き通ったスープ、上に並べられたスライスされた鶏の身の白さが目に優しくてまさに涼のイメージ。
 縮れ麺をひっつかんでもふると、これまたキンッキンに冷やされ締められたギューギューにコシのある固めの麺。ガシっとかみ締めてぶっちんぶっちん千切る興味深い食感。冷え冷えのあっさりさっぱりなスープをちびちび口にしながら麺をずぞぞっと勢いよくもぐもぐ。

 お値段に沿ったシンプルさは感じられるけど満足感も得られるギリギリを攻めて来るのは琥珀醤油と同じくな上手さですな。
 冷やしとのセット限定の冷やし茶漬けも試してみたかったけど今回はその当時のお腹の容量の問題で断念。次の機会があれば試したいっすなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

060:天雷軒神保町店@神保町 琥珀味玉

7img0625_small店名:天雷軒神保町店
最寄駅:神保町
メニュー:琥珀味玉600円

 

天雷軒というと東日本橋の有頂天というお店が以前、LUNASEAの真矢さんのプロデュースでリニューアルして生まれたお店で、有頂天時代も四谷四丁目にかつてあった湯一の味を教わって提供するとか色々面白いなーと思ってたとこです。

で、先日その天雷軒の神保町店がオープン。

飛びつくみたいに訪れたのは、別にてんちょうさんが若い女性で、ミスコン入賞者だとかいうこととは全く関係がなく、その有頂天にそれなりの思い入れがあったから、です。
有頂天のときにもいた看板娘さんも随一と思ったくらいとびきりかわゆかったのを覚えてるのですがまあそれはおいとこうね・・・

++++++

場所は神保町靖国通りのマクドナルド横の広めの一方通行を入っていった左側なのですが、個人的にこれまた思い入れの深いさぬきうどんの丸香(このお店のせ・・・お陰、で、しばらくうどんたべあるいたことがあるます)の斜向かい、北かま神保町店とか麺家○(まる)とかの並びですな。
で、看板メニューの琥珀醤油拉麺。そもとびきり安いお店というわけじゃないはずなのですが、こちら500円。オープニング価格というわけじゃなくてずっとこうみたい。8/1~は牛骨醤油拉麺というメニューも加わるみたいなのですが、こちらも500円らしいです。こりゃ立地的な意味でも学生・サラリーマンに勝負かけてますな。

 

ベースはあっさり醤油なのですがささがきのネギとか揚げた香ばしい(何かの)チップス、ゴマの風味とかでなんなく食べさせるラーメン。
油は厚めですけどもしっかり感のある味わいに寄与しつつ重過ぎない、こりゃ食べやすい。びろんとした感触のあるつるり縮れ細麺はうまいことスープを拾ってずるはぐ食べやすいです。ご馳走様ですぞ!

 

ちなみにてんちょさんいらっしゃらなかったです(´・ω・`) おんもでチラシ配ってたっぽい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

059:福の軒@秋葉原 特製ラーメン

7img0621_small店名:福の軒
最寄駅:秋葉原
メニュー:特製ラーメン380円

 

JR秋葉原駅昭和通り口横の公園脇、以前あった秋葉鶏排が閉店、同じ場所に福の軒というラーメン屋さんが入って7月14日にオープンとなったのです。早速行ってみたのですよ。

でこの福の軒。福の~なんて言う名前だと昌平通りに先日できた福の神食堂が思い浮かんでしまうけどそちらとは全く関係なく、蒲田にある同名のお店と同じグループ。
なんととんこつラーメン一杯が380円とのこと。
昨今影が薄くなってきた廉価醤油ラーメンとは違って、豚骨。廉価豚骨ラーメンだと頑張って替玉付きでワンコインあたりが標準かなと思ってましたけど、そこをぐぐっとさらに下げた根性入った価格。
FUKUOKA出身の方に意見を伺ったところ安くて旨いが当然の博多でも一杯400円程度だからこりゃすごい、とのこと。というか意見聞かなくてもうn、こりゃ安い。
公式HPを眺めてたところ池袋新宿等にある屯ちんとかと同じ母体になるのかな?

出てきたラーメンは・・・う、薄い?なんてスープを一口すすって思ってしまったけど、値段の印象に囚われすぎかなとしっかり味わって判断。
麺もしっかりしてるしちゃんと食べれます。うnうn。店頭に圧力鍋仕込み、直火焚きスープなんて書かれてるますように表面の油も相まって豚骨然とした味わいですな。

 

で店頭だと替玉が50円なんて表示されてますけども券売機のスイッチを見ると半玉50円、一玉100円とちょっとかかれてました。まあこのあたりはご愛嬌ですかね。手軽におなかのスキマを埋めたいときの一杯に選ぶのが賢い福の軒スタイルなのかなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

005:秋葉らーめん松風@秋葉原 松風らーめん

※簡易更新中

Ren_r_20100117 訪問日:2010/01/17(日)
店名:秋葉らーめん松風
最寄駅:秋葉原
メニュー:松風らーめん780円

++++++

新春にアキバにオープンしたお店。小川町の支那そばきびの姉妹店みたいですな。

開店を知って店の場所を調べてみて仰天、牛丼サンボの裏。クレバリーとの間。
立ち入り禁止で有名なアキバの私有地ですよ。その奥ですよ。私道の入り口には私有地につき立ち入り禁止の看板が立ってたはず。
どうやってこの、このはしわたるべからずを解決するのかーと思ったら・・・営業時間中はこの松風の営業看板が立ち入り禁止看板に立てかけてありましたとさ。

たちいりきんしが見えない!だからセーフ!よし!とばかりに私道の奥のお店に入店。まさかこんな形でこの道に入ることになろうとは。

 

五種類の野菜をベースに仕込んだスープ。いわゆるベジポタ系というヤツだけど、写真を見ても分かるとおりごってりと濃厚に煮込んでますな。
一口飲んでみるとこりゃなんだ、ポトフか?と連想してしまった。舌にさらさらと煮崩された野菜が触る、他じゃあまり味わったことのない第一印象。
麺は太めかためでハリのあるストレート。お腹にしっかりと落ちてく。

全体的にどっしりした食べ応えで、野菜を中心に仕込んであっさり食べやすいじゃなくて濃厚ごってりに作り上げてるってのもまた面白いなーと思った。
上に乗った魚粉が麺を食べ進める間にスープに溶け込んで、よりラーメンらしくなっていくその過程とかもそう。
いつの間やら魚粉=ラーメンっぽさを表すものになってるんだななんてふと気付かされる。

 

全部を食べ終えると、あー野菜食べたー!って気分になりますな。
ごちそうさまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

003:影武者@秋葉原 らーめん小ヤサイニンニク

※簡易更新中

Ren_r_20100107 訪問日:2010/01/07(木)
店名:らーめん影武者
最寄駅:秋葉原・末広町
メニュー:らーめん小ヤサイニンニク680円

++++++

アキバ昌平通り沿いのアキバ側にあった二郎インスパイアのお店大二郎。の跡地に1/4にオープンしたばかりの二郎インスパイア影武者。
昨年末に通りかかって偶然開店告知の張り紙を目撃して思わず写メールを撮ってしまったのだけど、その文面が「二郎インスパイア開店予定※前の店とは関係ありません」だったかな?
そんな感じで少し笑、もとい気になってました。即訪問。

入り口の券売機でらーめん小の食券を購入、店員さんに渡す。
「ニンニクは入れますか?」の言葉にヤサイニンニクとオーダー。当然通る。
そして出された器のビジュアルは色数の少なさが食欲をそそるいかにも二郎的なもの。

でまあ味は・・・豚使いがもっと荒ければなーと。スープのコクの部分にこじんまりとしたものを感じてしまう。
スープの乳化の具合は無乳といってもいいくらい。でカエシが効いてるのかというとそうでもない。というわけで食べながら卓上醤油をぐるりんぐるりんぐるりんと3周くらいさせてみる。む、ちょっと二郎っぽくなった。何やってるんだろう。

自称で二郎インスパイアを名乗るということはそのあたりどんどん研究してくんだろうかね。
この開店数日から数年経ったとき、どう成熟してるものか楽しみですな。

 

全然関係ないのだけどこのお店の屋号は影武者。その向かいの路地にも”落武者”っていう名前のラーメン屋さん(革製品のニチワの手前、以前中華料理屋さんがあったところ)が昨年オープンしてるんですよね。
ギリギリで営業時間にあわなくて未食のままなんですけど、影武者と落武者。うーむ。むしゃむしゃ。(※8月20日現在も営業中かは未確認)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

045:用心棒@神保町 ラーメン+チーズ

※簡易更新中

Ren_r_20091123 訪問日:2009/11/23(月・祝)
店名:用心棒
最寄駅:神保町
メニュー:ラーメンヤサイカラメニンニク+チーズ780円

++++++

神保町二郎の真向かいの二郎インスパイア用心棒。
二郎でチーズ乗せが食べたくなった!!!!!!と唐突に思い立ってこちらまで。
写真だと見えないけど山の裏側にスライスチーズが一枚とろけてますよ。

やっぱこちらの豚はええなぁ。ええですなぁ。
大きさ的にも柔らかさ的にも開店当初より格段に食べやすくなってるような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

034:ジャンクガレッジ@日比谷大つけ麺博 つけめん

大つけ麺博2杯目。ジャンクガレッジでまぜつけを熱々ずるりずるりの巻。

Ren_r_20091103_02訪問日:2009/11/3(火) 2/2
店名:ジャンクガレッジ 大つけ麺博
最寄駅:日比谷
メニュー:つけめん800円

++++++

大つけ麺博2杯目はジャンクガレッジ。
基本的にまぜそばのお店だけど、このつけ麺イベントの中では
「寒い日はあっつあつのまぜつけを!」
とブースの入り口にボードで掲げてるように、どうもまぜつけというものを出してるそうな。

まぜつけ・・・まぜつけ?
まぜるつけめん?なんだそりゃーと思いつつも百聞は一食にしかないのでしかたないですよね。うましかうましか。誰がうましかだ。私だ。
どうもくだらないことばかり考えてしまうのですが、こちらそう考えてしまうだけのジャンキーな一食。真面目ぶって食べたら申し訳ない。

 

++++++

つけ麺を受け取ると、ずっしり重い。そして手の平に伝わるあっつあっつ!ほとばしる茹で上がりの麺の蒸気とタレが絡まった香り。麺の上には踊る踊るカツオ節(主に風で)。
席について頂きますをしながら具体的に観察してみると、どうも麺の方はそれ単体でも食べられそうなぐらいにまぜそばとして仕上げてあるみたいですな。
縮れたぶっとい麺に卵のねっとりとタレあぶらが絡み合って、その上にベビースターとかつおぶし。
これ単体でもねっとりもぐもぐうまうま。まさにジャンク食ですな。

そしてビル風で飛ばされそうなかつおを捕まえて麺と一緒にタレにぶち込むと・・・あれ、汁が少ない!?
というか固い・・・ゲェー!?よく見たらこの容器、上げ底じゃないですか!
でもただの上げ底じゃなくて、底のスキマに箸を突っ込んで持ち上げてみると、ゲェーー!!?
豚、これは豚じゃないかッ!!!ウギャアー!キン肉マーーン!!

1,5cm程度はある極厚のチャーシューが底に仕込まれてました。こりゃまた規格外。
ガブリとかぶりついてから、まぜそばをドロリとつけ汁ならぬドロリ濃厚つけペーストにねじり込んですすり上げ・・・にくいので口に押し込む。

んまーい。

ドロリ濃厚ペーストはまさに動物系の濃い味付けだけどさらにラー油が少々浮かんでてピリリと刺激。
混ざりこんだニンニクチップ等々カリカリとした食感が度々現れてもぐもぐコリコリ楽しい食感。

 

++++++

この時間、先刻のバッソドリルマンで食べてから30分ほどしか経ってないのですが急に日が落ち初めてもう空は真っ暗。
風も強くなって寒さも増して、照明を頼りに写真は撮れたけどその少し後には麺の姿も見えづらくなってた。

そんな中で食べて、ペースト状のどろどろつけ汁だったものだから冷めるのも急速で、急いで食べなきゃ急いで食べなきゃときっちり味わえなかったかもしれない。
でもジャンキーな一杯は良かったです。テンション上がる面白さでした。イベント効果も合わさってるかもですけど。

という感じで今回の大つけ麺博は2杯で撤退。
またいつかやるといーな。(できれば夏の間に)

| | コメント (0) | トラックバック (0)