千葉県

2009年10月 7日 (水)

017:元祖大王SL@海浜幕張 つけ麺大盛り納豆乗せ

今日はほんのちょっと遠征気味に、海浜幕張駅前のつけ麺のお店、元祖大王SLで食べたのです。

Ren_r_20091007訪問日:2009/10/7(水)
店名:元祖大王SL
最寄駅:京葉線海浜幕張駅
メニュー:つけ麺大盛り(400g)750円+納豆トッピング100円

++++++

駅の階段を降りると左側面、駅舎の壁にドドンと大きな看板を掲げてお店を構えた元祖大王SL。
店名の上には中華つけ麺&こだわり料理、などと出してる通りにつけ麺がウリ、かつその他料理も用意してますぜ、ということ。
入り口には券売機2つが用意されて広い店内。
つけ麺を軸としたその他にあんかけチャーハンだとかギョーザだとか焼きそばタンメンその他もろもろ、中華軽食が食べられるお店ですな。

今日はちょっと用事ついでにこの駅前で目立ってたお店に入ってみたのです。

 

++++++

券売機左上に用意されたつけ麺は並み(200g)中(300g)大盛り(400g)と全部の盛りが750円の同額。特盛り(600g)だけは別料金。
並盛りでのオーダーの場合はゆで卵とかワカメとかそういうものを一品無料で追加できる様子。

折角つけ麺が売りだというので大盛り券を購入。同時にお勧めトッピングと張り紙されている納豆(100円)+生卵(50円)が見えたので、納豆だけ購入。
ラーメン屋さんで納豆を使うお店は素晴らしいと思う。色んなお店でどんどん導入して欲しいと思う。
納豆というか醤油味噌ナンプラーに限らず色んな発酵系がラーメンと組み合わさったものも食べてみたいなーということなんですけど(際立ったものだとあんま見かけないよね)。
(よく考えたらチーズ乗せるのもその部類か)

 

出てきた麺は、頼んだからにはその通り出てくるのが当然ですが、しっかりと400g級の大盛り。
食券を渡すときにトッピングの納豆は麺の上に乗せるか別皿で出すかを聞かれ、麺の上を選択してお願いしてあります。
ただ麺の量が多すぎて納豆があまり麺に絡まない。むぅ。

ゴリっと結構固めに上がった湯で加減。小麦の味とか香りとかで食わすよりは食感とか喉越しとかで食べさせる感じですかね。
それから食券を渡したときに店員さんが「つけジャン納豆乗せ1つー!」って符丁で厨房に通したように、醤油のつけ汁。
その中に細かな刻み背脂が少量浮きつつもお魚っぽい香り漂う。
自分としては町の中華やさんでザルらーめんを食べるときに出されるつけ汁っぽい印象ですかね。

麺が200gくらいまで減ると一気に納豆が麺全体に絡みはじめて、ここで納豆つけ麺っぽい感触に変化。
ぬっとりしたところをどんどんおなかに詰め込む。

むうう、苦しいですぞ!おなかいっぱいですぞ!

 

++++++

海浜幕張店とは書いてあるけど、ちょっと検索してみただけだと海浜幕張店以外の支店が見つからない不思議。
そしてつけ麺でかつ大王と店名に書かれるとまさにつけ麺大王を思い出す。
SLがついて・・・ひょっとして駅に隣接してるからSL?

と答えの出なさそうなことを色々考えながらも雨避けを言い訳に今日のところは駅構内に逃げ込んでしまうのでした。
こ、このくらいにしておいてやるぜ。と呟いたかどうかは定かではなく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)