埼玉県

2012年7月12日 (木)

119:和風楽麺四代目ひのでや@蓮田 塩ラーメン

7img2328_small店名:
 
和風楽麺 四代目ひのでや

最寄駅:
 
蓮田

メニュー:
 
塩ラーメン 700円

++++++

  今月初めにグランドオープンしたラーメン屋さん。ラーメンやさんとしては新店だけど屋号に四代目とあるように明治期から続いた定食やさん&日本料理やさんの流れを汲んだお店だそう。埼玉県なのですが評判からもこりゃあうまそうだとついつい遠征してしまったのですようnうn。

 材料切れ終了を恐れつつ昼過ぎに蓮田駅に降り立って急ぎ足で店前に到着すると、やっててよかった営業中。丁度ツイッターで昼時に列ができていたと見ていたので戦々恐々していたのですがまあまだまだ空席もありの落ち着いた雰囲気で一安心。入店すれば内装も暗めの店内に各席の木調のカウンターが浮かび上がるみたいなライティングが日本料理やさん風を思わせる、落ち着いた感じで。接客のお姉さんも丁寧で給仕にはしっかり左側に回ってくれたり、できておるのう・・・となんかわくわくしてきますねえ。

 メニューにはこちらのスペシャリテとして塩ラーメンを置きつつ、王道の醤油、讃岐うどんのようなスタイルという雅楽谷(うたや)ラーメンと用意されてて。絞られたメニューですねえ力の入れようが伝わってきますねー。うたやラーメンとか気になって仕方ないですよこれは・・・と思いつつも塩を注文。
 でこれが一口スープを飲んでみてもうあれですね。うまい。お店を作るにあたって最初に目指したのがこの塩ラーメンの味、培ってきた日本料理の技巧を凝らしたスープ、とメニューに記載の口上にあるみたいに、そんなかんじのお味。丁寧にとられた和風のおだしがよく絡み合って、全体としての主張は控えめなのにホタテのダシですかね、スープが舌に最初に触るところから美味しさを表現してるっていう。飽きないおいしさ。
 麺もしっかりこだわってますな、特製の玉子麺というだけある。お店の入り口横に自家製麺所を用意して路面から見えるようにしている(ちなみに訪問時、おそらく4代目ご主人ご本人がガラスの内側にいらっしゃいました)くらいの力のいれよう。
 ほのかな味わいをもった麺なのです。スープが全体としては控えめでも内側に力強い主張を持ってて、そんな中でも埋もれない。噛めばプツンと軽く弾けるハリのある感触を持ちつつ、ツルリンとのど越しのいい肌を口腔で滑らせてスープと一緒に流れ込んでくる。

 チャーシューもふわりとしておいしく穂先メンマもサクサクっといい感触。白髪ネギをもしゃもしゃ絡めつつゆっくりゆっくり食べましたとさ。とまあ、力のこもった一杯でんまかったです。

 

 まーこれは蓮田まで来て損しなかったと安心できるお味でした。また来たいです。ただ今回ふつーにすいてましたけどすぐ雑誌とかで見開きで特集されるでしょうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)